頭振って生きていこう

DiabrosisCorporation 「ALF」のBlogです。

新年一発目のブログ

ごめんなさい完全に忘れてました・・・(笑)

いやぁブログのことを完全に忘れていた石山です(笑)

新年に入ってから一昨日のライブに関してのことばかり考えていたり、曲作りに関してどうやったらもっと表現力の高い曲を作れるのかということを考えながら奮闘していました。

昨日ついにDiabrosisCorporationライスポ2000にてライブを行いました。

念願のですね!
秋田が地元でバンド活動をしていた学生時代でもライスポではライブをすることはありませんでした。

なぜかというと「名も無いバンドは見られることはなく悔しい思いをすることが分かっていた」から。

 

しかし、関東・関西と大都市2箇所で生活していてライブを行った経験の元、実際そんなのごく一般的なことだという経験を積み、見ている人が2人くらいしかいないなんてこともザラであることが覚悟として定着していたので、今回は全く躊躇などはありませんでした。

 

そう、よく聞くライブスポット2000は怖いという言葉を聞きますが、ごく一般的なライブハウスの環境なんです。

秋田で名前を知らせているバンドさんたちのほとんどは県外でのライブなどでこのような状況を経験しているからこそ、そんな状況にならないようにいろんな作戦を練る方法を知っているのだと思います。(あくまで推測です)

 

僕も秋田で名前を売っているバンドさんと対バンしたい、もっとDiabrosisCorporationの音楽を知ってもらいたいという思いからライスポでのライブはその第一歩として欠かせない踏ん切りだと思っていました。

対バンの方たちとも親交を深めることもでき、DiabrosisCorporationにとってとても成長につながるライブを経験することができメンバー一同関係者の方たちにとても感謝しています。

ライブ中のMCにて

新ボーカルであるJackのMCでとても心動かされる言葉がありました。

「俺は今までステージの下でバンドを見ているただのライブキッズでした。だけど、このステージに立ってライブをすることになって、沢山の繋がりのある人に感謝したいと思います。そして俺が言いたいことは、俺はバンドマンになったってことだ!!!!!」

 

このMCを聴いて、俺は一人の人間の夢を叶えることができたんだと思いました。

結成して半年超経過しましたが、当初DiabrosisCorporationを結成したときは僕以外楽器に関して初心者ばかりでした。そんなメンバーに楽器を演奏することの楽しさ、ライブをすることの楽しさ、なによりバンドマンでいることに幸せを感じて欲しいと密かに思っていて、足りない頭ですごくいろんなことを試行錯誤しながらバンド活動を行ってきました。

 

そんな想いを誰にも言わず秘めてきたので、一昨日のライブでその言葉を聞いたとき報われた気持ちでとてもいっぱいになりました。

しかし、これでゴールではありません、むしろスタートです。

これからDiabrosisCorporationはメンバーとオーディエンス共に夢を叶えられるようなバンドにしていければいいなと思っています。

 

どうかこれからもDiabrosisCorporationをよろしくお願いします。

 

石山