頭振って生きていこう

DiabrosisCorporation 「ALF」のBlogです。

なんだかんだお久しぶりになってしまいました。

皆さんお久しぶりです!
ライブだったり、仕事だったり、練習だったりいろいろと時間繰りがうまくいかず、しばらくぶりのブログになってしまいました。

 

今埼玉からのお土産をほうばりながらブログを書いています。(笑)

 

さて、それではまず1つ目!
10/30にClub Swindleにてライブがあります。

詳細はこちら

 

高校生とは思えないほどのクオリティでライブを行っているサガシモノや、日ごろ個人的にもお世話になっているT.O.C.Aの翔大君が参加している主催のオレンジ座、演奏レベルハイの個人的に大好きなジャンルのSunny、癒し系(勝手に思ってます)の世界観を持つようかいシーラカンス、そして酒田よりレッチリのコピーバンド(コピーのクオリティがスーパーハイらしいので楽しみです。)でって ホント 血―でっだーぜっが出演します。

 

僕たちの出番は21:10を予定しています!

 

僕の仕事の都合上とはいえ、トリとなっている以上いま自分たちができる最善のライブをできるように精一杯頑張りたいと思います。

 

出演バンドに皆さんにはご挨拶が遅れてしまいますが、Swindleに到着出来次第ご挨拶に回りますので、ご容赦ください。

 

それでは2つ目

ここ数日の間、いろいろと考えることがたくさんありました。

 

例えば自分の作曲能力だったりとか、演奏能力だったりとか、周りのバンドさんと比較するとまだまだだなと。

 

秋田で素晴らしいライブを行っている先輩バンドさんたちは、まず第一に曲がすごく入って来やすい印象をずっと受けています。

 

それはジャンル的な話ではなく構成的なお話で。

 

最近ライブに行く機会があって、左手さん、ヒラクさん、メイティングリズムさんの演奏を初めて見ることができましたが、演奏しているどの曲もシンプルな構成の中でいろんな工夫を凝らして曲を作っている印象を受けまして、いい刺激になりました。

(個人的には変拍子、あからさまなシンコペーション、不協和音等が大好きなので。)

 

自分の中のエッセンスを入れつつも、聴いてる人の耳に入りやすい曲ということを念頭に、これから作曲スキルを上げていきたいと思います。

 

さて、また長くなりましたね(笑)

また明日音作りなんかの話を書きたいと思いますので、もしギターの音作りなんかで困っている方がいたら参考になる記事になるかと思いますので、ぜひお楽しみに。